診療科目・センター・部門
Departments & Centers
専門医による運動器疾患、脳血管疾患を対症とした急性期リハビリと、緩和医療での専門的な理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。
リハビリテーション科
リハビリテーション部

学会認定教育施設

施設基準
  • 運動器リハビリテーションI
  • 脳血管疾患等リハビリテーションI
  • 呼吸器リハビリテーション
  • がん患者リハビリテーション

特色

当センターは、高度専門医療を担う東播磨地域の基幹病院であり、ドクターヘリの基地病院として東・北播磨医療圏域の3次救急医療のみならず、兵庫県南西部全体の救命救急医療の拠点病院となっています。さらに平成28年度より甲南加古川病院のリウマチ診療が移管され、リウマチ科が本格的な診療を開始しています。一方で糖尿病などの生活習慣病に対する診療や、がん患者等への急性期緩和医療を提供できる専門病棟を有しており、疾患や症状など多岐にわたる患者さんの診療を行っています。

このような背景において、リハビリテーション部では外傷や脳血管疾患などの救急患者や待機的な整形外科術後患者などを中心に、術後・発症早期より全科から処方を受け急性期リハビリテーションを提供しています。診療科については、整形外科(リウマチ科術後含む)、救急科、脳神経外科が多くを占めますが、糖尿病、緩和医療など内科系へのリハビリテーションも積極的に提供しています。
また、兵庫県立病院で唯一であるリハビリテーション専従医師が在籍しており、専従医自らもアイシングを中心とした物理療法やスポーツリハビリテーションなどを提供しています。

我々リハビリテーション部職員一同は、様々な疾患によって障害された機能や能力の回復を図るため、リハビリテーション専従医師を中心に、専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、さらに看護師と一致協力しながら、早期の社会復帰、家庭復帰に向けて患者さん一人ひとりへ適切なテーラーメイド医療に基づいたリハビリテーションを提供しています。

※平成31年4月よりリハビリテーション部リハビリテーション課が新設され、専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は、診療部からリハビリテーション部所属となりました。

理学療法部門 座位、立位、歩行といった基本的動作能力の回復を図るため、運動療法、物理療法、日常生活動作練習などの理学療法を行っています。
作業療法部門 身の回りの生活動作や家事動作からなる応用的動作能力や社会的適応能力の回復を目的に、日常生活の模擬的動作練習、巧緻動作練習、作業活動を用いた座位・立位持久力練習等の作業療法を行っています。
言語聴覚療法部門 失語症、構音障害、音声障害、摂食嚥下障害に対する評価と機能練習、指導等の言語聴覚療法を行っています。

リハビリの様子1

リハビリの様子2

診療実績

施設基準および2018年度の主な実績
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)9,526 件
廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)97 件
運動器リハビリテーション(Ⅰ)18,662 件
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)635 件
がん患者リハビリテーション846 件

主な対象疾患

整形外科 運動器外傷(骨折、脱臼、筋・靭帯損傷)、脊椎疾患(ヘルニア、狭窄症、頚髄症)、脊髄損傷、変形性関節症・関節リウマチなどの人工関節置換術後
リウマチ科 関節リウマチの炎症活動期および非活動期、人工関節置換術等の関節術後
救急科 多発外傷、急性呼吸不全、脊髄損傷、脳血管疾患、熱傷
脳神経外科 脳血管疾患、頭部外傷、脳脊髄腫瘍
脳神経内科 脳血管疾患、変性疾患(パーキンソン病等)、神経筋疾患(筋萎縮性側索硬化症等)
内科 糖尿病、腎疾患(透析含む)、呼吸器疾患、循環器疾患、悪性腫瘍、廃用症候群
外科 消化器がん術後、術後合併症、廃用症候群
緩和ケア内科 肺がん、消化器がん、悪性腫瘍
耳鼻咽喉科 声帯ポリープ・結節などによる音声障害、摂食嚥下障害
皮膚科/形成外科 熱傷、各種植皮術後
泌尿器科 悪性腫瘍、廃用症候群

スポーツ障害治療における新たな病診連携

子ども達のためのスポーツ診療所構想

2011年より成長期のアスリートを対象とした外来診療を開始、2015年より院外2施設を含めた「子ども達のためのスポーツ診療所構想」を立ち上げ現在に至ります。放課後の診療を継続する中での現状と取り組みを紹介致します。

症例と問題点

対象は打撲、捻挫、肉離れ等早期の手術適応とはならない症例、あるいは(前十字靭帯損傷など)手術後の専門的なリハビリ症例としています。当初より鵞足炎やジャンパー膝など筋拘縮が原因となる疾患が多く、症例に応じた消炎処置、ストレッチ、筋力強化、調整運動等を経て早期復帰を目指しています。最近の傾向として腰痛症例が増加の一途にあり、その6割以上が腰椎分離症であることは特筆すべき!と思われます。

治療のこだわり

院外2施設では3~12名のPTが個別に応対します。消炎処置はほぼ全例アイシングを、亜急性期以降は温冷交代処置を行います。ストレッチ、筋力強化に関しては前方、側方、後方とバランスよく実施、ウォーキングからランニングへの移行の目安は「動的な骨盤安定性の獲得」としています。以降、段階的なステップアップを経て早期の復帰を目指します。

腰椎分離症に関して

後屈時の腰痛が(目安は2週間以上)継続する場合、分離症の可能性を考え全症例にX線・CT・MRI検査を実施します。病期の正確な判定にはCTとMRIの両者が必要です。「たぶん筋膜性だろう…」との見込み治療の結果、複数の偽関節を生じた症例もございます。「腰痛の半数以上は分離症!」を念頭に早期の確定診断と適時な治療を行うことが極めて重要です。

よりよいスポーツ環境構築へ向けて

多くの症例は医業類似行為を経ての受診であり、確定診断のつかないまま中途半端にスポーツ活動を継続することで症状の悪化をきたした事例もあり、X線検査等を含めた確定診断は整形外科でしか行えない事の(保護者や指導者を含めた)共通認識が必要です。

正確な診断と(手術適応も含めた)治療方針の決定ができれば、的確なリハビリ指導で多くののスポーツ障害は快方へ向かいます。が、難治症例にはいくつかの「こだわり」が必要です。お困りの際にはどうぞお気軽にご紹介下さい。また引き続きましてのご指導ご鞭撻の程、どうかよろしくお願いいたします。

子ども達のためのスポーツ整形診療

施設名 診療日時
加古川医療センター 月/木 15:00-17:00
松本病院(2019年2月より) 火/水 17:30-19:30
大西メディカルクリニック 金 17:30-19:30

大西メディカルクリニック診療実績 (2018年4月~2019年3月の延べ患者数)

年/月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 総数 平均/日
総数 114 83 158 93 120 88 94 118 120 118 123 157 1386 27.7

腰痛症例の内訳(2018年4月-2019年3月 大西メディカルクリニック)

腰痛症例腰椎分離症分離症/腰痛比
442963.4%

地域医療機関のみなさまへ

ただいま準備中です。

ページのトップへ戻る