病院について
About the Medical Center
がんへの取組み

「兵庫県指定がん診療連携拠点病院」として

兵庫県では、がん医療における地域連携を促進し、本県の更なるがん医療水準の向上を図ることを目的として、国が指定する「がん診療連携拠点病院」(国拠点病院)に加え、各圏域において「がん診療連携拠点病院」として指定しています。
この「兵庫県指定がん診療連携拠点病院」とは、兵庫県内各圏域において、がん診療連携の中核を担い、集学的治療並びに緩和ケアによる総合的な診療体制を整備することによって、県民に安心かつ適切ながん診療を提供することができると認められる医療機関のことです。
当院は「兵庫県指定がん診療連携拠点病院」として以下のような取り組みを行っています。

診療機能

5大がん(胃・肺・大腸・乳房・肝臓)について、集学的治療及び緩和ケアを提供する体制として、関連する各診療科と放射線科、緩和ケア科、薬剤部、看護部など多職種が協働して取り組んでいます。

放射線治療

最新の高精度放射線治療機器

放射線科では最新の高精度放射線治療機器を導入し、さまざまながん疾患に対し適切な治療を行っています。
リニアック
立体的に体内の腫瘍の位置確認ができ、小さながん腫瘍にも正確に放射線を当てることができる高精度放射線治療装置です。
IVR-CT
血管造影とX線断層撮影がひとつになった高度な複合装置で、緊急時にも迅速に治療が行えます。

化学療法

化学療法とは、からだにできたがん細胞を薬(抗がん剤)によって攻撃する療法です。
がんは手術で切り取っても目に見えない小さながん細胞が残っていたり、すでに他の部位に転移している場合があるので、手術や放射線と組み合わせて化学療法は行われます。

緩和ケア

緩和ケアとは、がんだけでなく、病気によっておこる身体や心などの様々なつらい症状を和らげ、患者さんとそのご家族にとって、出来る限り望ましい生活の質(QOL;Qualityof Life)が実現できるように支えていく医療です。

緩和ケア内科

緩和ケア外来ではがんと診断された患者さんを対象に、様々な症状の緩和(抗がん治療による副作用症状を含む)、抗がん治療と療養に関する意思決定支援、精神的ケアやご家族へのケアなどを行っています。

緩和ケアチーム

医師、緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師、薬剤師など多職種が互いに協力しながら、早期からの介入で終末期まで継続した治療・ケアを提供し、緩和ケア病棟や在宅療養へのスムーズな移行が可能となるよう支援しています。

緩和ケア病棟

病棟は緩和ケア病棟設置基準を満たしており、全室個室で25床となっています。病棟内は患者さんやご家族のかたが、なるべくご自宅での生活に近い環境で過ごしていただけるように工夫されていて、面会時間の制限はありません。

緩和ケア研修修了医師

氏名 診療科
日野 泰久 総合内科
中村 幸子 総合内科
山内 健史 総合内科
大西 諒子 総合内科
立花 真莉 総合内科
廣畑 成也 消化器内科
﨏本 喜雄 消化器内科
戎谷 力 消化器内科
白川 裕 消化器内科
松浦 敬憲 消化器内科
片岡 俊哉 循環器内科
田中 祐子 緩和ケア内科
山口 崇 緩和ケア内科
松沼 亮 緩和ケア内科
飯田 啓二 糖尿病・内分泌内科
高瀬 至郎 外科
衣笠 章一 外科
堀 宏成 外科
門馬 浩行 外科
堀川 学 外科
佐古田 洋子 乳腺外科
石川  泰 乳腺外科
三谷 寛子 形成外科
山野 希 皮膚科
大塚 晴彦 皮膚科
田中 宏和 泌尿器科
丸山  聡 泌尿器科
大場 健史 泌尿器科
佐藤 克哉 泌尿器科
小川 恭弘 放射線科
酒井 英郎 放射線科
西岡 瑛子 放射線科
千草 壽々子 麻酔科
高橋 享子 麻酔科
兵頭 俊紀 病理診断科
川嶋 太郎 救急科
山下 貴弘 救急科

地域医療連携

地域医療連携部が地域の医療機関への窓口となって、ご紹介いただいたがん患者さんの受け入れや地域医療機関への逆紹介を行い、地域での継続的診療をサポートしています。

教育・研修体制

がん診療連携拠点病院医療者研修会
がん診療にたずさわる医師を対象とする定期研修を行っています。

がん相談体制

がんと診断された患者さんやご家族のさまざまな不安や悩みについての相談の場を設けています。
 
患者相談支援センター
専任の看護師や医療ソーシャルワーカーがお話を伺い、さまざまな問題解決のお手伝いをさせていただきます。
 
がん患者サロン
がん患者さんとご家族の交流の場、情報交換の場として「がん患者サロン」を設けています。

セカンドオピニオン提示

当院ではセカンドオピニオンを実施しています。当院以外の医療機関に入院又は通院中の患者さんで当院専門医のセカンドオピニオンをご希望のかたは地域医療連携部にお問い合わせください。

院内がん登録

「がん対策基本法」に基づき当院における、がん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上と患者さんの支援に役立てるため、当院でがんの診断・治療を受けられたすべての患者さんの診断・治療・予後の情報を登録しています。

がんに関する情報提供

国立がん研究センターがん情報サービス https://ganjoho.jp/public/index.html

連携充実加算・レジメン公開

連携充実加算について

当院では、地域の保険調剤薬局と連携し、安全・安心な抗がん剤治療を推進するために、連携充実加算の算定を開始します(令和2年11月)。
当院において連携充実加算を算定している患者さんに対し、保険薬局において”特定薬剤管理指導加算2”の算定が可能となります。

引用元:厚生労働省保険局医療課 令和2年度診療報酬改定の概要

レジメンについて

  • 当院で使用するレジメンは、がん化学療法レジメン選定委員会で審議・承認されております。
  • エビデンスレベル等により共通レジメンと科別レジメンに区別しています。
  • レジメン内容は文献と異なり、実臨床と合わせて変更している場合もあります。
  • 採用レジメンは定期的に見直しを行うなど、適正に管理をしています。

レジメンの公開について

当院で抗がん剤治療を行っている患者さんの治療内容を保険調剤薬局と共有し、安全・安心な抗がん剤治療を推進するために当院使用のレジメンを公開しています。

その他の目的での使用は想定していませんのでご了承ください。

なお、投与量、投与スケジュールは患者さんの状態により変更されることがあります。

がん化学療法に関する研修会について

播磨乳腺疾患連携懇話会、薬薬連携等で定期的に研修会を行っています。

がん化学療法に関する問い合わせ・送付先

  • 疑義照会:処方医師に直接電話
  • 特定薬剤管理指導加算2に関するトレーシングレポート:薬剤部
    (注:その他の項目に関するトレーシングレポートは地域医療連携部)
  • レジメンに関すること(当院の抗がん剤治療患者に限る):薬剤部
 
 
ページのトップへ戻る