診療科目・センター・部門
Departments & Centers
当センターでは、上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡、バルーン内視鏡、カプセル内視鏡、胆膵内視鏡の診断治療を行っています。
内視鏡センター

特色

内視鏡センターフロア写真

平成30年4月に従来の「内視鏡室」の発展的組織として、「内視鏡センター」を開設し、1年が経ちました。当内視鏡センターでは、上部消化管内視鏡(食道、胃、十二指腸)、下部消化管内視鏡(大腸)、バルーン内視鏡、カプセル内視鏡、胆膵内視鏡(ERCPやEUS)の診断治療を行っています。また、内視鏡止血術等の緊急内視鏡にも対応しています。通常診察では、常に安全で苦痛のない内視鏡診断を心がけ、患者さんの不安をできる限り取り除くように配慮し、プライバシーの確保にも配慮しております。

内視鏡検査のネット予約や健診センターからの精密検査についても積極的に受け入れるように対応しております。そして、検査前後の安全確認、検査中のモニタリングなど常に安全な内視鏡検査・治療を心がけるとともに、高度な内視鏡技術を提供できるよう、最新の機器での対応に努めています。

このようなことから、県立加古川医療センターは、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設、日本消化器病学会認定施設に認定されており、内視鏡専門医を目指す医師の教育・育成も行っています。現在は消化器内科医師中心で構成されていますが、今後は消化器外科医・救急医・総合内科医などが広く協力しあって参加できるように整備していく予定です。また、大学等の内視鏡専門医や消化管病理医との交流も深めて診療の質を向上させ、内視鏡センターとしての開設を機に、一層専門性お高い安心できる診療を提供したいと思っています。

さらに、近隣の病院・医院へ積極的に情報を発信して患者さんの紹介や逆紹介を増やし、地域医療連携を通して利用していただきやすい環境を構築したいと考えておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

ページのトップへ戻る