診療科目・センター・部門
Departments & Centers
栄養管理を全ての治療に共通する医療行為の基本と位置づけ、適正な栄養量を治療食として提供することで、病気の治療・改善の促進を図っています。
栄養管理部

特色

栄養管理課では、入院患者さんの食事の提供と栄養管理及び、入院・外来患者さんへの栄養食事指導を行っています。入院中の患者さんにとって、食事は楽しみでもあり、治療の一環でもあります。安全で美味しく、患者さんに喜んでいただけるよう、スタッフ一同日々取り組んでいます。

配膳カート

季節に応じた旬の食材やメニューで

良質な美味しい食事の提供

患者さんの病状に応じた味付け、食形態の調整や嗜好やアレルギーに配慮した食事を美味しく食べていただくための取り組みを行っています。地域の食材を積極的に活用し、季節に応じた旬の食材や季節のメニュー、行事食を取り入れ、バラエティーある食事を提供いたします。また、緩和病棟では月2回程度、手作りのデザートを提供する「ティーサービス」を実施し、患者さん・ご家族ともに喜んでいただいております。

管理栄養士のチーム医療への参画

当院では、入院されたすべての患者さんに栄養管理計画書の作成し、個々の患者さんの栄養状態、身体状態の把握をしています。また、患者さんの状態に応じて、NSTの介入を行っています。
救命病棟では、経腸栄養剤のプレトコールを作成し、早期の栄養介入と共に、必要栄養量の確保に努めており、病態の改善を目指しております。

<NSTチーム>

当院は日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)のNST稼働施設として認定されています。
患者さんの栄養状態を、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・検査技師・言語療法士がそれぞれの専門分野から意見を出し合い、最もふさわしい栄養管理を指導、提言することで、患者さんの治療の回復・退院・社会復帰を図ることを目的としたNST(栄養サポートチーム)が積極的に活動しています。

<糖尿病チーム>

糖尿病教育入院では、集団指導や個別の栄養指導、また「バイキング形式」での食事を提供する自立体験型学習を取り入れ、退院後の食事療法が継続できるよう支援を行っています。

<緩和医療>

緩和病棟の患者さんを対象に月2回のティーサービスで手作りデザートの提供を行っています。

栄養教育、栄養指導の取り組み

入院患者さん及び外来患者さんに対して個別栄養指導、糖尿病教育入院で集団指導を実施しています。外来の生活習慣病プログラムではデジタルカメラを利用した食事評価を行っており、継続的な支援に取り組んでいます。また、当院が推進している生活習慣病センターの各種患者教室「糖尿病教室」「肝臓病教室」「動脈硬化教室」「リウマチ教室」などで栄養知識の普及と啓発を進めております。

今後の課題

生活習慣病の方への食事療法、低栄養の方への栄養管理、嚥下困難の方への食形態指導、がん患者さんへの食支援、褥瘡の改善や創傷治癒のなど、それぞれの患者さんにとって、食事(栄養)は、様々な意味を持ちます。管理栄養士が、より多くの患者さんと関わることで、栄養状態の改善や治療の効果に貢献できればと考えます。

ページのトップへ戻る