診療科目・センター・部門
Departments & Centers
手術治療が必要、もしくは将来必要な患者さんを中心に、最新・最良の医療が提供できるよう取り組んでいます。
眼科
学会認定教育施設
  • 日本眼科学会専門医制度研修施設
特色

診療方針

白内障

多焦点眼内レンズ手術を開始しておりますが、レンズに種類ありそれぞれの特徴と患者さんの生活のニーズをしっかりうかがう必要があります。また本年4月から新たに保険適応内で遠方から中間距離(パソコン程度の距離)までが見える分節眼内レンズも取扱いを開始しています。ご希望の方には初診日に入院までのすべての検査・手続きを完了出来るように配慮しておりますが、散瞳検査、眼内レンズ検査などお時間はかかりますのでご了承ください。当院では適応のある方は1度の入院での両眼手術を施行しています。従来通り日帰り手術や全身麻酔による手術も可能です。眼内レンズの摘出・縫着など硝子体の処理が必要な難症例、術中・術後の合併症症例にも対応いたします。屈折矯正に関しても、乱視矯正眼内レンズなど保険診療の範囲内でより見え方の質が向上するよう出来る限りの相談に応じます。

網膜硝子体疾患​

黄斑前膜や黄斑円孔などの黄斑手術、裂孔原性網膜剥離や増殖糖尿病網膜症等の網膜硝子体手術全般に対応しています。難症例も対応いたします。術後うつむき安静などの体位制限が必要な場合がありますが、負担の大きい体位制限は最小限で済むよう工夫しており、出来る限り早期の社会復帰ができるようにしています。緊急の外傷にも対応しています。外傷・網膜剥離などの緊急時には事前に電話でご一報をお願いいたします。

涙道疾患​

流涙をきたす涙小管閉塞症には涙管チューブ挿入術を、鼻涙管閉塞症には涙嚢鼻腔吻合術を行っております。涙嚢鼻腔吻合術は鼻内法・鼻外法ともに施行しており、通常は局所麻酔ですが患者さんの希望により全身麻酔も可能です。涙道内視鏡が導入されより涙道内腔が直視下に観察できるようになりより確実な治療が可能となりました。TS-1など抗がん剤使用中の方の流涙に対しては早期の対応が望ましいため早めにご連絡をお願いいたします。

黄斑疾患​

加齢黄斑変性症など黄斑疾患の診断・抗VEGF療法を行っております。網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫に対して抗VEGF療法、レーザー、硝子体手術の適応を検討し治療にあたっています。

ロービジョンケア​

視力や視野障がいのある方に対し、便利な生活グッズ・拡大レンズなどの紹介や視覚障害者手帳の申請その他福祉サービス、視力障害センター等支援団体の情報提供などを予約制で行っています。

ボトックス​

片側顔面けいれんや眼瞼けいれんの方にボトックス治療を行っております。

英語による診療​

英語による診療が可能です。希望される方は月・火・水曜日に予約をお願いいたします。

診療内容

当科では手術治療が必要な方、あるいは手術治療が将来必要になる方を中心に診療を行っております。外来診療は眼科専門医3名、視能訓練士6名ほか看護師、メディカルアシスタント、眼科クラーク、受付事務員で行っております。眼科クリニックで扱いにくい網膜硝子体疾患の患者さんや、白内障難症例の患者さんの治療にあたるのは勿論、入院希望のある方や全身状態に不安のある方、他疾患で当院にかかっておられる方など今後も積極的に受け入れて地域医療に貢献していきたいと思います。特に専門分野である網膜硝子体疾患、白内障、涙道の分野においては常に最新・最良の医療が提供できるように努力してまいります。

診療実績

手術実績(2018年1~12月)

ただいま準備中です。
白内障手術662件(そのうち、眼内レンズ縫着手術 13例)
網膜硝子体手術6130件
涙管チューブ挿入術663件( 涙道内視鏡使用)
涙嚢鼻腔吻合術614件
眼瞼下垂手術624件
硝子体内注射6303件
地域医療機関のみなさまへ

日頃より多数の患者さんをご紹介いただきありがとうございます。今後も地域の先生方と連携を密にし、眼科地域医療に貢献していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ページのトップへ戻る