診療科目・センター・部門
Departments & Centers
骨粗鬆症の継続的治療のため東播磨骨粗鬆症地域連携ネットワークが運用されており、当センターもその一翼を担っています。
骨粗鬆症センター

特色

高齢者人口の増加と共に骨粗鬆症を背景とした脊椎や大腿骨近位部の脆弱性骨折も増加の一途をたどっています。このような骨折は軽微な転倒などでも発生し、骨折の治療後にも高率で再骨折を引き起こし、この骨折の連鎖によりさらに機能障害が増強、寝たきりや要介護となりやすいと言われています。このため、再骨折を予防することが非常に重要であり、そのための取り組みの一つとして近年骨折リエゾンサービス(FLS)が注目されています。

当院ではこれまでの骨粗鬆症外来、東播磨骨粗鬆症地域連携ネットワークの運用に引き続き、昨年度から、「骨粗鬆症センター」が開設され、さらに骨折リエゾンサービスの運用開始を予定しています。

骨折リエゾンサービスは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士ら多職種の連携により再骨折を予防することが目的となります。

当院では「再骨折予防サポートシステム」として骨折入院中の患者様の検査、評価を行い骨粗鬆症治療を開始するとともに、各部の連携により患者様・ご家族様の骨粗鬆症への理解を深め、検査結果や治療薬などを記録した「再骨折予防手帳」をお渡しすることで他施設との連携を強めると共に骨粗鬆症治療の途切れない継続による再骨折予防をさらに進めたいと考えております。

当センターの活動は、何よりかかりつけの病院、医院の先生方との連携が肝になってまいります。骨粗鬆症の患者様の治療が継続できますよう、科を問わず当センター(これまで通り整形外科 骨粗鬆症外来)をご利用いただければ幸いです。引き続きよろしくお願い申し上げます。

ページのトップへ戻る