診療科目・センター・部門
Departments & Centers
骨粗鬆症の継続的治療のため東播磨骨粗鬆症地域連携ネットワークが運用されており、当センターもその一翼を担っています。
骨粗鬆症センター

特色

当院整形外科ではこれまで骨粗鬆症外来、東播磨骨粗鬆症地域連携ネットワークの運用を行い、今年度から「骨粗鬆症センター」を立ち上げました。

近年、骨粗鬆症が背景となる脊椎や大腿骨近位部の骨折は増加の一途をたどっております。骨粗鬆症の治療は診断を行い、適切な投薬を継続し続けることがとても大切ですが、この“継続”がなかなか難しいのが現実です。骨粗鬆症センターでは、地域の先生方からご紹介いただいた患者さんあるいは健診を受け心配で来られた患者さんを、これまでと同様に外来で診断、治療を行ったり、手術症例など入院での治療が必要となった場合には、前述の骨粗鬆症地域連携ネットワークを利用し各施設間での連携を取りながら、骨粗鬆症の治療が途切れることなく継続できるように調整しております。また、当院の生活習慣病センター内の骨粗鬆症チームとして市民の方と勉強会や、市民フォーラムで講演会などの活動も行っております。さらに今後は骨粗鬆症による骨折を減らし、より快適な生活を地域の方々に送っていただけるように骨粗鬆症リエゾンサービスの導入も検討しているところです。当センターの活動は、何よりかかりつけの病院、医院の先生方との連携が肝になってまいります。骨粗鬆症の患者さんの治療が継続できますよう、科を問わず当センター(これまで通り整形外科 骨粗鬆症外来)をご利用いただければ幸いです。引き続きよろしくお願い申し上げます。

ページのトップへ戻る