診療科目・センター・部門
Departments & Centers
がん診療連携拠点病院として他科の先生方と緊密に連携、低侵襲な腹腔鏡手術や化学療法など高度医療を実施しています。
外科・消化器外科

学会認定教育施設

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本乳癌学会認定施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本消化管学会胃腸科指導施設

特色

腹腔鏡手術イメージ

当科では、食道から肛門までの消化管、肝・胆・膵・脾など実質臓器も含めた消化器外科を中心に診察しています。消化器外科領域以外では甲状腺、副甲状腺疾患、鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアなども対象にしています。消化器癌に関しては手術前後の補助化学療法を始め、進行再発癌の化学療法の多くも当科が担当しています。

治療方針につきましては、まず、生命予後を最も重視し、各疾患の治療ガイドラインに則った標準治療を基本としています。その上で、低侵襲な手術法や機能温存を考えた手術法など、新しい治療法も吟味の上、積極的に取り入れています。

手術法として、腹腔鏡や胸腔鏡を用いた鏡視下手術を積極的に採用しており、進行胃癌や大腸癌の困難症例を除けば、消化管と胆嚢手術やヘルニア手術はほぼ全例、鏡視下手術を施行しています。現在では、肝臓や膵臓など実質臓器に対しても症例を選んで鏡視下手術を取り入れています。また、消化器内科とも協力し、腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)も導入しています。

スタッフは6人で、5人の消化器外科医に、救急科専門医を加えた構成となっています。メンバーは、消化器外科医として十分な経験と各々に専門領域、得意分野を有しており、チームワークも大変良好です。

地域の中核病院として皆様のご期待に添えるように頑張ります。よろしくお願いいたします。

腹腔鏡手術の様子

腹腔鏡手術の機具の写真

診療実績

手術症例(2019年)

 全体鏡視下
甲状腺・副甲状腺90
食道44
胃・十二指腸4829
小腸124
大腸9277
虫垂1212
肝臓129
胆道(良性)8578
胆道(悪性)30
膵・脾・十二指腸乳頭180
肛門70
ヘルニア12893
体表・その他4013

地域医療機関のみなさまへ

いつも、患者さんをご紹介いただきありがとうございます。一人一人の患者さんを大切な経験として、常に患者さんのメリットを第一に考えること、地域の先生方の信頼を得られることを目標として、診療に取り組んでいます。ご指導のほどよろしくお願いいたします。当科では、食道、胃、大腸といった消化管および、肝胆膵領域の悪性疾患を中心に、専門性を発揮したいと考えておりますが、胆石、虫垂炎、鼠径ヘルニアといった、いわゆる一般外科領域も対応しております。症例がございましたら、お気軽にご相談ください。

当院は、一般社団法人National Clinical Databaseのデータベース事業に参加しています。

ページのトップへ戻る