病院について
About the Medical Center
病院アルバム

兵庫県立加古川医療センターフォトアルバム

建物の外観と敷地内の様子

兵庫県立加古川医療センターは、JR加古川駅から東北東へ約4キロ、敷地面積62,810平方メートル(約19,000坪)の地に、地上6階、地下1階、延べ床面積35,256平方メートル(約10,680坪)の規模で建設され、敷地内には約460台収容可能な駐車場と、ドクターヘリが発着するヘリポートも設置されています。初めて来院されるかたのために施設の様子を写真でご紹介します。

空から見た病院

北側から見たサインと病院

北西から見た病院

玄関前バス停

玄関

ヘリポートのドクターヘリ

広い駐車場

1階

玄関を入ると吹き抜けの大きなロビー空間が広がり、その左手に総合受付、会計、保険変更などの受付カウンターと診療費自動支払機が並んでいます。正面に再来受付機、右手にコンビニエンスストア、イートインコーナーなどがあります。外来診察はすべて1階。生理機能検査、放射線検査、超音波検査、内視鏡検査など検査部門も1階に集約されていて便利です。

ロビー

受付カウンター

診療費支払機

外来受付

外来外待合

外来中待合と診察室

採血室

超音波検査エリア

MRI

CT

南棟のリウマチ膠原病センター

再来受付機

IVR-CTアンギオシステム

コンビニエンスストア



イートインコーナー

地下1階

地下1階には放射線治療室やリハビリテーション室、レストランがあります。地下と呼んでいますが、実は南側斜面の土は切り取られていて南側は1階同様に日差しが入ります。

脳血流シンチグラフィ(SPECT)

脳血流シンチグラフィ(SPECT)操作室

リニアック

南側に下る階段

南側にある小庭園

レストラン

明るいリハビリテーション室

南棟の血液浄化センター

2 階

本館2階にはICU(集中治療室)やHCU(高度治療室)、手術室、中央検査室など、急性期診療を担う医療施設が並んでいます。

手術室

中央検査室の様子1

中央検査室の様子2

3階~6階

3階から上はすべて入院病棟です。3階には屋上庭園があり緩和ケア病室から緑が見えます。全室木質系のインテリアで暖かみのある穏やかな雰囲気に包まれています。十字型の建築構造により全室自然採光窓があり外の風景も楽しめます。

緩和ケア病室の様子

スタッフステーション

病棟の廊下(緩和ケア病棟)

和みのあるデイラウンジ

電子レンジやトースターも完備。 食事のできるデイルーム(緩和ケア病棟)

小さなデイコーナーも

ランドリールーム

シャンプーコーナー

感染症病棟

屋上庭園

ページのトップへ戻る