交通アクセス | サイトマップ
文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  


兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800



外来化学療法(点滴)を受けられる患者様へ→
糖尿病について→

薬は、治療に必要不可欠なものです。しかし、ひとつ使い方を間違えると、本来期待している効果が現れないばかりでなく、逆に副作用が前面に出てしまい、場合によっては重大な事故につながることがあります。
そのため、薬剤部では、患者様に適切な医療を提供するために日々研鑚しています。
また、感染対策、緩和ケア、栄養サポート等の委員会に加わり、他の医療スタッフとともにチーム医療に取り組んでいます。
ここでは、私たちの業務内容について紹介します。


1調剤

主に入院の患者様を対象として内服薬や注射薬の調剤を行っています。

医師の発行する処方せんの内容について、飲み方・使い方・量・飲み合わせをチェックします。
また、患者様の状態によって薬を服用時間ごとに一包化したり、錠剤を粉砕して粉薬にしたりと、患者様一人ひとりに適した形で調剤を行っています。


2入院患者様への薬剤管理指導

入院患者様に、処方されたお薬の説明を行っています。
説明にあたっては患者様の薬歴を作成し、アレルギーや副作用歴を伺い、薬が適正に使用されているかを確認しています。
また、患者様が入院時に持参された薬との飲み合わせのチェックも行っています。
これら患者様から得られた情報をもとに、医師、看護師等と連携を取りながら、より有効でかつ安全な薬物療法が行えるように努めています。


3注射薬の無菌混合調製業務

注射薬の混合調製業務として、全ての外来・入院患者様の抗がん剤の調製をしています。

抗がん剤は薬剤師が処方せんの内容(抗がん剤の種類・投与量・使用方法・抗がん剤の投与をお休みする期間等)をチェックした後に、無菌的に、安全キャビネット(写真)の中で調製しています。


4外来がん化学療法を受けられる患者様への服薬指導

外来でがん化学療法をされている患者様を対象に、薬の説明をしています。
説明するにあたって、患者様向けの説明書を作成し

  • 現在投与している抗がん剤の作用と副作用
  • 副作用を軽くするための薬の説明
  • 現在、服用している薬との飲み合わせ

等について説明しています。
また、健康食品・民間薬との飲み合わせについても相談に応じています。


5医薬品情報の管理

現在、医学の世界は日進月歩の速さで進歩しています。
病院で使用される医薬品は約16,000種類にも及びます。
医薬品を正しく使用するためには、最新の情報を得ることが必要です。
薬剤部では医薬品に関する情報を集めて、分析し、医師・看護師に提供することで、患者様に安全でよりよい治療を受けて頂けるように努めています。

その他、外来患者様の薬の相談も随時お受けしていますので、お気軽に薬剤部の窓口で声をお掛け下さい。




上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved