交通アクセス | サイトマップ
文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  



兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800


学会認定教育施設

  • 日本内科学会認定制度教育病院
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本神経学会准教育施設
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本内分泌学会認定教育施設
  • 日本甲状腺学会認定専門医施設
  • 日本肥満学会認定肥満症専門病院
  • 日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設
  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本緩和医療学会認定研修施設

 緩和ケアとは

 がん、非がん(慢性的な肺や心臓の病気)を問わず、病気によっておこる身体や心などの様々なつらい症状を和らげ、患者さんとそのご家族にとって、出来る限り望ましい生活の質(QOL;Quality of Life)が実現できるように支えていく医療です。緩和ケアは「病気の治療が出来なくなった患者さんが受けるもの」「緩和ケア病棟で受けるもの」と誤解されやすく、そのため「まだ緩和ケアを受ける時期ではない」と思われる人も少なくありません。しかし、緩和ケアは病気の時期に関係なく、いつでも受けることが出来ます。早い時期から病気を治すための治療(がんであれば手術療法、化学療法、放射線療法など)と一緒に緩和ケアを行うことで、より良い状態で治療の継続や社会生活を送られる患者さんも増えています。


 緩和ケアチームとは

 診断早期から患者さんやご家族の抱える苦痛症状の緩和、QOLの維持・向上のために活動する専門家のチームです。入院だけでなく外来通院中の方も対象とし、主治医や看護師だけでなく、さまざまな職種や部署と連携して、治療方針を決定します。
 緩和ケアチームは、緩和ケアに対する誤解を解き、治療を諦めたくない患者さんとご家族の希望を支える様な関わりをするよう心がけています。がん患者さんに対しては、早期からの介入で終末期まで継続した治療・ケアを提供し、緩和ケア病棟や在宅療養へのスムーズな移行が可能となるよう支援しています。
 緩和ケアチームの専従医師、専従看護師を軸に毎日活動し、週1回緩和ケアチームのメンバーで定期ラウンドを行い、その後カンファレンスを開催しています。カンファレンスでは、チームに相談のあった患者さんだけでなく、医療用麻薬(オピオイド)が処方されている患者さん、苦痛のスクリーニングの結果で陽性になった患者さんについても検討を行っています。


 緩和ケアチームへの相談方法

 入院中でも外来通院中でも、ご希望の際にはいつでも相談することができます。
「緩和ケアについて話を聞いてみたい」「緩和ケアを受けたい」と思われたときには、主治医や看護師にお気軽にご相談ください。


 緩和ケア外来

 入院・外来を問わず、がんと診断された患者さんを対象に診療しています。内容はがんによる様々な症状の緩和(抗がん治療による副作用症状を含む)、抗がん治療と療養に関する意思決定支援、精神的ケアやご家族へのケアなど様々です。
 がん治療による副作用や治療後の後遺症の症状緩和、社会復帰支援などを多面的、包括的に実施することにより、患者さん、ご家族のQOLを改善することを目的としています。


 緩和ケア病棟の特徴

病棟は緩和ケア病棟設置基準を満たしており、全室個室で25床となっております。病棟内は患者様やご家族の方が、なるべくご自宅での生活に近い環境で過ごしていただけるように工夫されています。
面会時間の制限はありません。

部屋の種類 ベッド数 室料(1日あたり) 室内備品など
有償個室 洋室12室 10,300円
(消費税込)
テレビ・保冷庫 使用無料
無償個室 洋室13室 無料
計  25室

 設備

各病室から直接出られる屋上庭園があり、外気に触れての気分転換が楽しめます。また、デイルーム、催し物などを行うホールのほか、面会に来られたご家族の方が利用可能な家族室やキッチンなども設けています。



病室


病室


廊下(憩いのスペース)

屋上庭園(各病室からベッドまたは車椅子で直接出入りできます)


家族室


デイルーム


キッチン


多目的ホール

病院から見た風景




 費用

入院にあたって、必要な費用は、診療費(健康保険適応)・食事代と、部屋の種類によって負担していただく差額ベッド代です。差額ベッド代のかからない無料個室も利用できます。
入院費用については、老人保険制度、福祉医療制度、高額療養費制度などの各種保険が適応できます。


 緩和ケア病棟へ入院するために

緩和ケア病棟へ入院していただくためには、患者様やご家族に「緩和ケア」ついて十分に理解していただくことが必要です。このため、入院をご希望される方には、初めに緩和ケア内科外来の入棟面談を受けていただく必要があります。患者様ご本人が来院できない場合は、ご家族だけの来院でもかまいませんが、セカンドオピニオンの対応とさせていただきます。

(注:セカンドオピニオン対応とは、保険外診療となり、料金が面談時間30分あたり10,800円となります。ただし、面談時間が30分を超過した場合は15分ごとに2,300円が加算されます。患者本人の承諾書をご持参下さい。)


◇緩和ケア内科・入棟面談(完全予約制)◇

月曜日、水曜日(午後)、金曜日(午後)

 <各医療機関の担当者様へ>
  入棟面談の予約が確定しましたら、診療情報提供書・検査データ・画像資料(CD-R)を
  受診日に間に合うように当院地域連携部へ送付ください。

1.予約方法
  • 現在、通院されている医療機関を通じて、当院の地域連携部まで受診予約の依頼をいただきます。
  • 予約受付時間:月曜~金曜日 午前9時~午後5時
  • 担当窓口:地域医療連携室
  •      電話079-497-7011( 直通)
  •      FAX 079-438-3756
  • 面談の時間は1時間ずつの予約制です。

2.持参していただくもの
  • 予約日時を確認の上、当日は健康保険証と、主治医又はかかりつけ医からの「診療情報提供書(紹介状)」を、できれば臨床データ、画像情報などと共に必ず持参ください。

 入院の決定

入院の決定に関しては、
  ・患者さまの病状や症状
  ・ご家族や療養疾患の状
  などを踏まえながら検討いたします。


 病棟見学をご希望されるとき

見学受付時間:(月)~(金)午前10時~午後4時 *土・日・祝日、年末年始除く

緩和ケア病棟へご入院を考えておられる患者様とご家族の方を対象に、緩和ケア病棟の見学をお受入れしています。病棟の担当者がご希望の方をご案内いたします。
見学をご希望の方は、事前に日時の予約が必要ですので、前日までに電話にてご連絡ください。
また、緩和ケア病棟は入院中の患者さんの生活の場でもありますので、突然のご来院や、スタッフの許可なく見学をなさることはご遠慮いただいております。予めご了承ください。

<患者様、ご家族>
 担当窓口:緩和ケア病棟
 予約受付:079-497-7000(病院代表)
 受付時間:(月)~(金)午前9時~午後5時
 「緩和ケア病棟見学を希望」とお申し出ください

<医療関係者・その他の方>
 担当窓口:総務課
 受付:079-497-7000(病院代表)



 兵庫県立加古川医療センター緩和ケアチーム

平成18年6月に院内緩和ケアチームが発足し、一般病棟での活動を行っております。
患者様の抱える様々な苦痛を和らげ少しでも快適な療養生活を過ごしていただけるよう、主治医と相談しながらお手伝いいたします。

<緩和ケアチームのメンバー>
 身体症状担当医師(専従)   1名
 精神症状担当医師       1名
 がん看護専門看護師(専従)  1名
 緩和ケア認定看護師      1名
 薬剤師(緩和薬物療法認定薬剤師1名)  3名



スタッフ紹介

田中 祐子 (たなか・ゆうこ) 緩和ケア内科医長 平成13年卒
日本内科学会総合内科専門医、 日本血液学会認定専門医、 インフェクションコントロールドクター、 日本緩和医療学会緩和医療専門医


緩和ケア内科 診察予定

緩和ケア内科 入棟面談 3西 担当医 担当医 担当医
緩和ケア外来 D7 田中 担当医 田中 担当医 田中

※入棟面談は緩和ケア病棟入棟のための面談を行います。

※緩和ケア外来は、主に病状の緩和を行う外来です。

※緩和ケア内科は予約制です。



上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved