交通アクセス | サイトマップ
文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  




兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800


形成外科

学会認定教育施設

  • 日本形成外科学会認定施設

形成外科では、体表のさまざまな病変(外傷、変形、腫瘍、潰瘍、先天奇形等)の治療をおこなっています。なかなかイメージがわかず、得体の知れない(笑)診療科と思われている方も多いと思いますので、具体的にどんなことをしているのか紹介させていただきます。

<外傷>
ケガにもいろいろありますが、当科では顔面骨々折顔面外傷(切り傷、擦り傷など)を主に担当しています。手指の損傷(切断指)に対してもマイクロサージャリー(顕微鏡を用いた血管吻合術)で対応しています。また受傷直後の傷跡に対しては、理論に基づいた創傷処置、創傷被覆材、内服薬などの利用により、ある程度目立ちにくい傷跡にできます。経過の長い目立つ傷跡に対しては、修正手術、レーザー照射等により整容的な改善が見込めますのでお気軽にご相談ください。

<変形>
大きな腫瘍を切除した後や、外傷によってできる深い大きな傷とその周りには、変形(皮膚、軟部組織の欠損、凹み、ひきつれ等)が生じます。最近では、より正常な状態に近づけたいという患者様の要望も強く、遊離組織移植(皮膚、骨、脂肪、筋肉等)技術や局所皮弁術等を用いた治療をおこなっています。

<腫瘍>
悪性腫瘍から、良性の"ほくろ"に至るまで、整容的、機能的な面に配慮した手術を心がけています。メスで切る方法や、炭酸ガスレーザーで焼く方法など腫瘍の大きさ、形、場所に応じて適切な方法を選択します。

<潰瘍>
褥瘡、難治性潰瘍に対する治療をおこなっています。軟膏、創傷被覆材を用いた保存的治療から、皮弁術、植皮術といった手術療法まで症例に応じた治療をおこなっております。

<先天奇形>
合指症、多指症、臍(帯)ヘルニア、副耳、耳介変形、眼瞼下垂症、睫毛内反症、母斑、血管奇形など幅広く対応いたします。

<その他>
最近では、コンタクトレンズの普及に伴い腱膜性眼瞼下垂症で受診される患者様が増えています。また保険による腋臭症(ワキガ)の治療もおこなっております。

<美容>
トレチノイン軟膏、Qスイッチ・アレックスレーザーを用いたシミ治療をスタート致します。美容診療は自費となりますので詳しくは形成外来までお問い合わせください。

当科では医師2名が常勤し、火曜日以外、毎日初診を受け付けております。形成外科診療は、他科とオーバーラップする部分も多いため、他科医師との連帯のもと、患者様にきめ細やかな医療を提供できるよう、日々研鑽をつんでまいります。ぜひお気軽にご相談ください。


スタッフ紹介

 
櫻井 敦 (さくらい・あつし) 形成外科部長、主任科長 平成10年卒
日本形成外科学会専門医、 日本創傷外科学会専門医、 日本形成外科学会関西支部評議員、 日本褥瘡学会評議員、 近畿熱傷学会世話人、 神戸大学臨床講師、 指導医のための教育ワークショップ修了、乳房再建用エキスパンダー/インプラント 責任医師
専門分野 外傷、創傷外科、 皮膚腫瘍外科、 眼形成外科、 形成外科一般
谷口 智哉 (たにぐち・ともや) 形成外科医長 平成21年卒
日本救急医学会専門医
仲宗根 美佳 (なかそね・みか) 専攻医 平成27年卒
北野 大希 (きたの・だいき) 専攻医 平成27年卒


形成外科診療予定



形成外科 1 診 櫻井 交代制 櫻井 櫻井 櫻井
2 診 谷口 谷口 谷口 谷口
3 診 中宗根 北野 中宗根 北野

※ 火曜日は定期手術日のため、予約再診患者様のみの診察となります。



上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved