交通アクセス | サイトマップ
担当医文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  



兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800


乳腺外科

学会認定教育施設

  • 日本乳癌学会認定施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

 乳がんは女性のがんのなかで罹患率が第1位であり(2011年)、患者数は年々増加しています。「がん」というと、暗いイメージを抱きがちですが、乳がんは薬物療法(ホルモン療法,抗がん剤治療)が効きやすく、早期発見により治癒する可能性が高いのが特徴です。
 当科では、乳がんの診断・治療のほか、乳がんの二次検診(検診マンモグラフィで要精査とされた症例の診察)、乳がんと紛らわしい良性病変の経過観察や、乳腺炎・乳輪下膿瘍などの炎症性疾患の治療も行っています。


特色

 当科では、日本乳癌学会の診療ガイドラインに基づいた標準治療を基盤として、個々の患者さんの悩みに寄り添う『がんチーム医療』に重点をおいています。毎週カンファレンスを行い、医師・薬剤師・看護師(病棟/外来/化学療法室/放射線治療)で個々の患者さんの問題点を話し合い、チームとして問題解決に取り組んでいます。
 乳がんは薬物療法の効果の見込めるがん種である一方、再発後の経過が長いことが特徴です。当院では総合病院の利点を生かし、様々な診療科の協力を得て患者さんを支える努力をしています。

  • 2013年9月より、乳がん手術後のリンパ浮腫に対応するリンパ浮腫外来を開設しています。(自費診療)
  • 2013年7月より保険承認された乳房再建用エキスパンダー・インプラント手術の実施施設認定を受け、形成外科とともに乳房再建に取り組んでいます。

診療実績(件数)

年度 2012年 2013年 2014年 2015年
検査 針生検 300 310 377 423
細胞診 555 517 540 491
手術 マンモトーム生検 29 20 26 21
外科的生検 44 19 21 23
全身麻酔手術 230 238 233 255
乳がん手術件数 211件 216件 197件 222件
病期 0期 14 39 20 27
I 期 105 83 91 99
II 期 68 60 58 65
III 期 20 29 23 25
その他 4 5 5 6
術式 乳房 乳房全摘 78 105 97 121
乳房温存 133 109 99 106
腋窩 腋窩リンパ節郭清 33 61 48 57
センチネルリンパ節生検(%) 163 (77%) 153 (71%) 147 (78%) 152 (73%)
郭清なし 15 26 7 14
術前薬物療法例数(%) 28 (13%) 36 (17%) 33 (17%) 46 (21%)
外来化学療法件数 1,657 1,691 1,497 2,032


治療成績

対象:2003-2009年の手術症例775症例
(0期:81例,Ⅰ期:312例,Ⅱ期:268例.Ⅲ期:114例)



近隣の先生方へ

  日頃より多くの患者さんをご紹介いただき、また、再発症例につきましても手厚い在宅療養支援をいただき、厚くお礼を申しあげます。ますます増加の見込まれる乳がん症例について今後も地域連携を通じお世話になることが増えることと存じます。当科においても患者さんに質の高い医療を提供できるよう尽力してまいります。乳がん術後地域連携パスの運営強化を目指しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


スタッフ紹介

佐古田 洋子 (さこだ・ようこ) 検査・放射線部長
乳腺外科部長
乳腺外科 昭和54年卒
日本外科学会専門医・指導医、 日本乳癌学会専門医・指導医、 検診マンモグラフィ読影A評価
石川 泰 (いしかわ・とおる) 化学療法担当部長
乳腺外科部長
乳腺外科
一般外科
昭和59年卒
日本外科学会専門医・指導医、 日本がん治療認定医・暫定教育医、 日本超音波医学会専門医、 日本乳癌学会専門医・指導医・評議員、 検診マンモグラフィ読影A評価
小林 貴代 (こばやし・たかよ) 乳腺外科医長 乳腺外科
一般外科
平成12年卒
日本外科学会専門医、 日本乳癌学会認定医、 検診マンモグラフィ読影A評価
土屋 和彦 (つちや・かずひこ) 非常勤医師 乳腺外科


外来診察日



乳腺外科 1診 佐古田 石川 佐古田 担当医
2診 小林 交代制
(午前)
石川
3診 土屋

  • 水・金は定期手術日のため、外来診察は行っていません。
  • 金 リンパ浮腫マッサージ指導を看護師が行います。
  • 初診は予約か乳腺外科あての紹介状のある場合となります。乳がん検診結果は紹介状として取り扱います。
 

外来診療について:患者さんへご理解とご協力のお願い

  • 乳腺外科は外来患者数の多い診療科です。
  • 予約の患者さんも待ち時間が非常に長くなることがあり、ご不便をおかけしています。
  • 初診の患者さんはなるべく地域連携システムを介してご予約ください。(*1)
  • 予約のない患者さんの診察もお引き受けしています。(*2)
    外来診察日(月)(火)(木)の8-11時に受診受付してください。担当医は指定できません。
  • 受診時にお持ちいただきたいもの:保険証、お薬手帳、(あれば)紹介状、画像フィルム、最近の血液検査結果など

*1 予約の取り方

 当院は基幹病院であり、原則として開業医の先生が、乳腺外科の専門的な診察が必要と判断された場合に、地域連携システムを介してご予約いただくことになっています.開業医の先生からの紹介状をお持ちください.
 ご予約いただいた患者さんには、受診当日に超音波検査、マンモグラフィをお受けいただけるように配慮していますが、検査にも時間がかかりますので時間に余裕を持ってお越しください。

*2 予約なしで来院される方

 A. 二次検診(乳がん検診で要精査)の方
 B. ご自身で乳房にしこりを発見した方,乳房に気になる症状のある方


 A. 二次検診(乳がん検診で要精査)の方

 加古川総合保健センター、職場の乳がん検診などの検診結果とマンモグラフィを持参ください。予約優先のため診察に待ち時間が発生することをご了承ください。また,検査(超音波検査,マンモグラフィ)を当日にお受けいただくことができません。
 お持ちいただいた検診結果は紹介状として扱いますので、特定療養費は不要になります。


B. ご自身で乳房にしこりを発見した方、乳房に症状のある方

 診察に待ち時間が発生します。検査は後日となります。


  • 予約のない方は、担当医の指定はできません。
  • 予約のない方は、原則として3回来院いただくことをご了承ください。
    1回目:(初診日)問診、必要な検査の予約をします(触診を行うこともあります)
    2回目:検査のための来院日です(超音波検査、マンモグラフィ)
    3回目:外来を受診していただく日です(検査結果をお伝えします)
    必要に応じて細胞診、針生検などを行う可能性があります

★乳房に症状のない方(乳がん検診希望)や、良性病変の経過観察については、近隣の開業医の先生を受診してください。専門性を要する患者さんに行き届いた治療を行うため、ご協力よろしくお願いいたします。


ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。
兵庫県立加古川医療センター 
電話 079-497-7000(代表)
*内容によりブロック受付に、電話をおつなぎします。


上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved