交通アクセス | サイトマップ
文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  


兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800



平成29(2017)年度 兵庫県立加古川医療センター

初期臨床研修医募集要項


I プログラムの目的と特色

  1. 目的

     医師が、医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野に関わらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身につけることを目的とする。

    目標
    (1) 患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立する。
    (2) 医療チームの構成者としての役割を理解し、他の職種のメンバーと協同して仕事ができる。
    (3) 患者の問題を把握し、問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。
    (4) 安全な医療を遂行し安全管理の方策を身につけ、危機管理に参画できる。
    (5) 症例呈示と意見交換ができる。
    (6) 医療の持つ社会的側面の重要性を理解し、適切に行動できる。

  2. 特色
     臨床研修は、基幹型臨床研修病院である県立加古川医療センターと、協力型臨床研修病院(県立柏原病院、東加古川病院等)及び研修協力施設(西村医院)で行う。
     選択科目は、県立加古川医療センターのほか、希望により県立総合病院(尼崎、西宮、淡路、柏原)、県立専門病院(がんセンター、こども病院、姫路循環器病センター、粒子線医療センター、リハビリテーション中央病院、リハビリテーション西播磨病院)、兵庫県災害医療センターにて研修を受けることができる。


II プログラム指導者と研修病院の概要

  1. プログラム責任者
    奥田 正則 (循環器内科部長)

  2. 基幹型病院の概要
    兵庫県立加古川医療センター
    院長 小川 恭弘
    所在地 兵庫県加古川市神野町神野
    所管保健所 加古川健康福祉事務所
    病床数 353床


    (1) 診療科目  内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、糖尿病・内分泌内科、緩和ケア内科、感染症内科、外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、乳腺外科、形成外科、整形外科、リウマチ科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、病理診断科、救急科

    (2) 特色
    東播磨地域における3次救急医療の提供
    生活習慣病(糖尿病、消化器・呼吸器疾患、がん、脳血管疾患等)に対する医療の提供
    緩和ケア医療の提供
    感染症医療の提供
    神経難病医療の提供
    災害拠点病院
    兵庫県ドクターヘリ基地病院

    (3) 施設の概要
       沿革
    昭和11年 兵庫県立加古川懐仁病院として開設(50床)
    昭和22年 兵庫県立加古川病院と改称
    昭和46年 一般370床、結核30床 計400床
    昭和51年 結核病棟を廃止し、一般400床となる
    平成3年 東播磨地域リハビリテーション中核病院指定
    平成8年 災害拠点病院の指定
    平成21年 新病院に移転、兵庫県立加古川医療センターと改称
    平成23年 がん診療連携拠点病院となる(兵庫県指定)
    平成23年 地域医療支援病院となる
    平成25年 兵庫県ドクターヘリの基地病院として運航を開始
      平成28年 リウマチ科・リウマチ膠原病センター開設 
    敷地面積 42,000㎡
    建物面積 32,000㎡

    (4) 病院設備の概要
    CTアンギオ装置、X線TV撮影装置、血管連続撮影装置、ガンマカメラ装置、64列マルチスライスCT、乳房撮影装置、MRI、リニアック、体外衝撃波結石破砕装置、遠隔操作型内視鏡下手術システムなど

    (5) 研修施設認定状況
    臨床研修指定病院(基幹型)
    日本内科学会認定制度教育病院
    日本呼吸器学会認定施設
    日本消化器病学会認定施設
    日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
    日本神経学会准教育施設
    日本糖尿病学会認定教育施設
    日本内分泌学会認定教育施設
    日本甲状腺学会認定専門医施設
    日本肥満学会認定肥満症専門病院
    日本緩和医療学会認定研修施設
    日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設
    日本がん治療認定医機構認定研修施設
    日本外科学会外科専門医制度修練施設
    日本消化器外科学会専門医制度指定修練関連施設
    日本消化管学会胃腸科指導施設
    日本乳癌学会認定施設
    日本整形外科学会認定医研修施設
    日本形成外科学会認定施設
    日本リウマチ学会教育施設
    日本皮膚科学会認定専門医研修施設
    日本アレルギー学会教育施設
    日本肝臓学会認定施設
    日本消化器内視鏡学会指導施設
    日本脳神経外科学会専門医制度関連施設
    日本泌尿器科学会専門医教育施設
    日本眼科学会専門医制度研修施設
    日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
    日本医学放射線学会認定放射線専門医修練協力機関
    日本IVR学会専門医修練施設
    日本麻酔科学会麻酔科認定病院
    日本病理学会研修認定施設
    日本臨床細胞学会認定施設
    日本臨床細胞学会教育研修施設
    救急科専門医指定施設
    日本集中治療医学会専門医研修施設
    日本救急医学会指導医指定施設
    日本熱傷学会熱傷専門医認定研修施設
    日本外傷学会専門医研修施設
    兵庫県立大学(看護学部)実習病院
    兵庫県立総合衛生学院実習施設
    兵庫大学健康科学部看護学科実習施設
    神戸常盤短期大学実習施設
    関西福祉大学看護学部看護学科実習施設

  3. 協力型病院とその概要
    (1) 県立柏原病院
    所在地  丹波市柏原町柏原5208-1
    郵便番号 669-3395
    電話 0795-72-0524
    FAX 0795-72-1276
    所管保健所 丹波健康福祉事務所(保健所)
    交通機関 JR福知山線 柏原駅下車 徒歩10分
    病床数 303床
    標榜診療科 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、歯科

    (2) 東加古川病院
    所在地  加古川市平岡町新在家1197-3
    郵便番号 675-0101
    電話 079-424-2983
    FAX 079―424-2255
    所管保健所 加古川健康福祉事務所(保健所)
    交通機関 JR山陽本線 東加古川駅下車 徒歩10分
    病床数 425床
    標榜診療科 精神科、神経科

    (3) その他
     県立総合病院である県立尼崎・西宮・淡路・柏原病院、県立専門病院である光風病院・がんセンター・こども病院・姫路循環器病センター・粒子線医療センター・リハビリテーション中央病院・リハビリテーション西播磨病院及び兵庫県災害医療センターで研修を受けることができる。

III 教育課程

  1. 期間割と研修医配属予定
    年目
     県立加古川医療センターおよび協力型病院で内科6ヶ月、救急部門1ヶ月、必修選択科目のうち麻酔科を2ヶ月、小児科、産婦人科、精神科をそれぞれ1ヶ月ずつを研修する。
    年目
     内科を2ヶ月(2次救急対応中心)、救急部門を2ヶ月さらに踏み込んで学ぶほか、地域医療(西村医院)を1ヶ月、選択科目を1~7ヶ月の間自由な組合せを選ぶことができる。
     選択科目は、県立加古川医療センターのほか、希望により県立総合病院(尼崎、西宮、淡路、柏原)、県立専門病院(光風病院、がんセンター、こども病院、姫路循環器病センター、粒子線医療センター、リハビリテーション中央病院、リハビリテーション西播磨病院)、兵庫県災害医療センターにて研修を受けることができる。

  2. 当院のプログラムの考え方
       当院のプログラムにおいては、1年目は医師としての診療能力の基礎を固めることに重点を置いている。そのために、基礎となる内科(診療全般)、救急部門(救急の基礎、基本手技のマスター)、選択必修診療科(麻酔科、小児科、産婦人科、精神科)をローテートする。そして、2年目の研修では主体的に救急対応が行えるようになることを目標とし、内科における2次救急研修2ヶ月と救急部門2ヶ月を必修とした。内科の2ヶ月では、2次救急患者のfirst touchから任され、入院の判断も含めてできるだけ主体的に行えるように指導を行う。また、毎月1-2回の2次輪番救急当直にも積極的に参加してもらい、経験を積めるように配慮する。2年目の残りの8ヶ月の内、地域医療の1ヶ月を除いた7ヶ月は自由選択とし、院内外を含め幅広く選択ができるようになっている。
     
[基本研修プログラム:以下は一例です。各科の研修順は個人ごとに異なります。
1年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科 救急
部門
選択必修科目
(麻酔科)
選択必修科目
(小児科、産婦人科、
精神科を1ヶ月毎)
選択必修科目
(小児科、産婦人科、
精神科を1ヶ月毎)
救急
部門
選択必修科目
(麻酔科)
兵庫県立加古川医療センター 兵庫県立加古川医療センター、県立柏原病院、東加古川病院 兵庫県立加古川医療センター、県立柏原病院、東加古川病院

2年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域
医療
(月は12月に分散)

内科
(二次救急対応中心)
救急部門 選択科目(7ヶ月間の間で自由な組み合わせが可能)
西村医院又は兵庫県立加古川医療センター 加古川医療センター又は県立14病院

[選択診療科目]
 選択科目は、県立加古川医療センターのほか、希望により県立総合病院(尼崎、西宮、淡路、柏原)、県立専門病院(がんセンター、こども病院、姫路循環器病センター、粒子線医療センター、リハビリテーション中央病院、リハビリテーション西播磨病院)、兵庫県災害医療センターにて研修を受けることができる。

指導体制
 研修医1名に指導医1名がつき、マンツーマン方式で指導し、研修中の診療科責任者が全般的な指導監督にあたる。なお、研修管理委員会にて研修計画の遂行状況などについて総括的指導を行う。

IV 募集要領等

  1. 研修医募集人数  6名(予定)

  2. 募集及び採用の方法
    応募資格 第111回(平成29年)医師国家試験受験予定者
    募集期間 平28年6月6日(月)~7月29日(金)
    選 考 日 8月22日(月)~8月26日(金)の間の指定する日(1日)
    選考内容 面接試験(各基幹型臨床研修病院ごとに行います。)
    選考会場 ひょうご共済会館(神戸市中央区中山手通4-17-13)
    応募方法 応募書類を、加古川医療センターもしくは兵庫県病院局管理課まで 郵送いただくか、または直接ご持参ください。
    後日、病院局より、受験番号及び面接日時を通知します。
    (郵送の場合は7月29日までの消印があるものに限り受け付けます。)
    出願書類 ○ 兵庫県立病院臨床研修医受験申込書(A3)(別紙様式
    ○ 小論文(課題:「私の目指す医師像」)
    ※A4用紙に1,200~1,600字程度(但し、40字×40行の書式に設定して下さい。)
    ○ 成績証明書
    ○ 卒業(見込)証明書


    応募にあたっての留意事項 (1) 兵庫県立病院は、医師臨床研修マッチング協議会が実施するマッチングに参加して募集・採用を行うため、応募にあたっては、応募者の皆さんにもマッチングに参加登録していただく必要があります。
    必ず、8月4日(木)までに協議会への登録手続きを済ませてください。
    (2) 「兵庫県立病院臨床研修医受験申込書」は、各基幹型臨床研修病院共通の様式となっておりますが、募集・選考はそれぞれの病院単位で行いますので、必ず応募先基幹型臨床研修病院名を指定欄に記入してください。また、複数の基幹型臨床研修病院に応募される場合には、それぞれ基幹型臨床研修病院別に作成するとともに、希望順位を記入してください。この場合、添付書類はコピーでも可とします。

  3. 処遇等
    (身分) 兵庫県立病院初期臨床研修医(日々雇用職員)
    (報酬) 1年目日額15,200円
    2年目日額16,000円
    ※上記金額から税および厚生年金保険、健康保険及び雇用保険料が控除される。
    (勤務時間) 38時間45分/週
    (有給休暇) 1年目は10日、2年目は11日(1年目から2年目への繰越可能)
    (社会保険) 厚生年金保険、健康保険及び雇用保険に加入
    (医療賠償保険) 県立病院として保険に加入
    個人加入は任意

  4. 研修開始日  
    平成29年4月3日(4月3日、4日はオリエンテーション)

  5. 研修記録・研修評価
    研修手帳に研修記録を記載する。
    評価は指導医、研修担当責任者が担当する。

  6. 研修医当直
    指導医とともに当直業務を研修する。(3回/月 程度)

  7. 研修終了後の進路
    県立14病院で専攻医として勤務可能。

  8. 宿舎
    医師公舎(民間借上物件)、入居可能。

  9. 問い合わせ
    兵庫県立加古川医療センター総務課 
    〒675-8555 加古川市神野町神野203
    電話 079-497-7000(代)   FAX 079-438-8800

兵庫県病院局
兵庫県立病院における臨床研修医の募集について
http://web.pref.hyogo.lg.jp/ha02/ha02_000000013.html



上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved